新着情報

2019 07.03
コラム

【魚鮮水産】居酒屋のお通しには、どんな意味があるの?断ることは可能?

飲食店の中でも、居酒屋などお酒を楽しむお店で席へ着いたときに、最初に出てくるのがお通しです。

現在、居酒屋ではこの「お通し」が出てくるのがメジャーとなっていますが、なぜ注文したメニューでもないのに、勝手に料理が出てくるのでしょうか?

普段何気なくお通しを食べていても、その意味を知っている人は少ないかもしれません。この記事では、お通しの意味や必要性、またお通しは断れるのか?といったマナーについてお話しします。

 

注文しないのになぜ出てくるの?お通しが持つ意味とは

お通しとは、「席に着いてから頼んだ料理が届くまでの間、つなぎとして楽しんでもらえるように提供される料理」のことです。

基本的にお通しでは、少量で酒の肴に適している料理が出されます。枝豆や酢物、和え物がよく提供されるメニューです。また、基本的にお通しには料金がかかり、相場は300~500円程度。

しかし、なぜ自分がオーダーしていない料理にお金を払わなければいけないのかと、疑問を感じたことがある方もいるのではないでしょうか?

そこで、ここではまず、お通し文化の歴史を少しご説明します。実はお通しの始まりは、明治時代以前にまで遡ることができるのです。

もともと明治時代以前の日本の料理屋では、お店側がお客にだいたいの料理の希望を聞き、お客の身分や服装などを見て自由に料理を決めて出す、というのが習慣になっていました。つまり料理の内容や値段は、その都度変わっていたのです。

お通しにはこの商い習慣の名残があります。そのため、自分が注文していなくてもお店から料理が提供され、それに見合った料金を支払わなければならないのです。

そして、お通しには「注文された料理が届くまでの間、お客様を待たせないように」というおもてなしの気持ちもこもっています。お通しという文化は、おもてなしの心が根付いた日本ならではのものだといえるでしょう。

しかしこれとは別に、お通しに席代やチャージ料を含むこともあります。これは、席代がお店を経営していくうえで、重要なシステムとなっているからです。

たとえば、注文が少ないお客に長時間お店に滞在されると、お店側としては売上が上がらなくなってしまいます。そのような状況でも売上のバランスが保てるよう、お客の滞在時間が比較的長くなる居酒屋では、席代を必要とすることが多いのです。

ただし、視点を変えてみれば、日本の居酒屋でお通し代と席代を一緒にするのは、ある意味良心的だといえるかもしれません。一般的に、お通し代は飲食代の約1割に設定している居酒屋が多いようです。

一方、海外のチップ文化では、お通しのような料理は提供されないうえに、飲食代の約2割を支払うケースもあります。価格が安いうえに料理も提供されるということを踏まえると、日本のお通し文化が少し魅力的にも思えてきます。

ただしお店によっては、お通しに1,000円近くの値段が設定されていたり、お通し代とは別に席代がかかったりすることもあります。おかしいなと思ったら、明細を確認してみるようにしましょう。

 

「お通し」は関東・「突き出し」は関西

「お通し」と同じように使われる言葉に「突き出し」があります。実は、「お通し」と「突き出し」は関東・関西で呼び方が異なるだけで、双方の意味に変わりはありません。

一般的にお通しという名前は、「お客を席へお通しした」「お客の注文を調理場へ通した」といった言葉に由来しているといわれています。

一方、突き出しという名前の由来としては、「お客が注文した料理とは関係なく、突き出すことから」という説があります。

 

お通しを断ることはできる?マナーの問題は?

居酒屋でお通しが出されるのが一般的になっているのに対し、お通しを断りたいと考える方がいるのも事実です。お通しは、「いりません」と断ることはできるのでしょうか?

実は大手チェーン8社に対するアンケートによると、「お客様から希望があれば、お通しカットの対応をする」というお店が8店舗中5店舗もありました。
(参照:Jタウンネット https://j-town.net/tokyo/column/allprefcolumn/215350.html?p=all

この結果から、お通しはお店によっては断ることができると考えてよいでしょう。また、こうした大手チェーンであれば、お通しカットを希望してもマナー違反にはならないと考えられます。

もちろん、中にはお通しを断れないお店もありますので、一度スタッフに確認してみることをおすすめします。

また、たとえお通しカットを可能としているお店でも、既に手を付けたお通しをなかったことにしてほしいというのは、マナー違反に当たります。お通しに手を付ける前やお通しが提供される前に、お通しカットを希望することをスタッフに伝えましょう。

 

居酒屋での飲み会をお考えなら、お通しにまでこだわった魚鮮水産で!

海鮮料理が自慢の魚鮮水産では、全国各地から選りすぐりの海の幸や新鮮野菜を調達し、お客様にご提供しています。魚をメインにした飲み会をお考えなら、おもてなしの心でお通しにまでこだわった魚鮮水産のご利用を、ぜひご検討ください。

当店では、新鮮な魚介とともに、美味しいお酒もたっぷり楽しんでいただけます。もちろん、グループでの飲み会も大歓迎です。魚鮮水産スタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております。

 

※一部対象外の店舗がございます。詳しくは店舗へお問い合わせくださいませ。

カテゴリー別に見る

最新記事

NEW コラム
【魚鮮水産】仕事終わりの一杯!一人飲みをたのしめる魚鮮水産
キャンペーン
【魚鮮水産】居酒屋で楽しめるサワーの種類って?