新着情報

2019 07.05
コラム

【魚鮮水産】焼酎を楽しむなら魚鮮水産へ

皆さんは普段、焼酎をどんな風に飲みますか?

焼酎は年配の方や男性にファンが多いイメージですが、他のお酒と比べてカロリーが低めなので、最近は女性からの支持も高くなってきています。

定番の飲み方は水割りやお湯割りですが、実はそれ以外にも様々な飲み方があります。焼酎を楽しむなら、飲み方のバリエーションは多いに越したことはありません。

「焼酎はあんまり……」という方も、飲み方次第で焼酎のトリコになってしまうこと請け合いです。今回はそんな焼酎の飲み方について紹介します。

 

お店でも家でも手軽に楽しめるのが焼酎の魅力

お酒の中でもコストパフォーマンスが高く、手軽に楽しめるのが焼酎の魅力です。和食やつまみとの相性もよく、多くの居酒屋で提供されています。

スーパーやコンビニなどでも安く手に入るので、自宅でも気軽に楽しめます。価格が安いので、愛飲している方も多いのではないでしょうか。

しかし、一口に焼酎と言っても種類がたくさんあり、大きく芋・麦・米の3種類に分けられます。芋焼酎はサツマイモを原料とした焼酎で、芳醇な香りと独特の甘みがあります。

麦焼酎はクセが少なく、初心者でも飲みやすいと言われています。米焼酎はフルーティーな味わいで、少し日本酒に近い飲み心地に仕上がっています。この他にも奄美近辺でしか作られていない黒糖焼酎や、沖縄の泡盛などがあります。

近年は酒造メーカーの努力もあって、香りがマイルドで飲みやすいものも増えているので「焼酎の独特の香りが苦手!」という方も楽しめる焼酎が見つかるでしょう。

実際に焼酎は原料やメーカーによって味わいがまったく異なります。焼酎は手軽に飲めるのが魅力なので、ぜひいろいろな種類の焼酎を試して、お気に入りを探してみてください。

 

こんなにたくさん!焼酎の飲み方いろいろ

焼酎は種類だけでなく、飲み方も多様です。ここでは焼酎の定番の飲み方から少し変わった飲み方まで紹介していきます。

 

■焼酎の素の味を堪能できるストレート

良質な焼酎は、まずストレートで味わってみましょう。原料の風味や焼酎本来の味わいをしっかりと楽しめます。初心者の方は芋・麦・米の焼酎を飲み比べて、どの系統の焼酎が好きなのかを探すのもおすすめです。

 

■芋焼酎の香りを楽しめる水割り

一番オーソドックスな飲み方が水割りです。麦焼酎や米焼酎でも美味しく飲めますが、水割りであれば香りが強い芋焼酎がおすすめです。

水で割ると芋焼酎の香りと風味を残しつつもマイルドな口どけになるので、飲みやすく鼻を抜けていく感覚を楽しめます。もちろん味わいが薄くなることもありません。

また、水割りには焼酎を水で割り、冷蔵庫で一晩寝かせる飲み方もあります。あらかじめ水で割って冷やすので“前割り”と呼ばれています。焼酎と水が馴染み、水割りやお湯割りと比べて味に丸みがでます。

 

■時間をかけて楽しめるロック

氷を入れたグラスに焼酎を注げば、オン・ザ・ロックの完成です。飲み始めは焼酎の強い味と芳醇な香りを楽しみつつ、時間が経つと氷が溶けてより優しい口どけになっていきます。ひんやりと爽やかな喉ごしは夏にぴったりでしょう。

 

■香りが引き立つお湯割り

焼酎の素材の香りを最も楽しめるのがお湯割りです。湯気とともに芳醇な香りが広がります。香りを楽しむのであれば芋焼酎、熱燗のイメージでお酒を楽しむのであれば米焼酎がおすすめです。梅干しを入れて味の変化を楽しむ飲み方もあります。

 

■味わい深いソーダ割り・お茶割り・梅酒割り

口当たりや味わいを大切にするなら、他の飲み物で割るのもおすすめです。氷を入れたグラスに焼酎と炭酸水を注げば焼酎ハイボールに早変わり。

ソーダで割ることでアルコールの刺激が軽減されるので、強いお酒が得意ではない方にもおすすめです。レモンやライムのスライスを加えればより爽やかに楽しめるでしょう。

炭酸が苦手という方には「お茶割り」がおすすめです。焼酎を注いだグラスに好みの量のウーロン茶や緑茶を注げば完成です。いわゆるウーロンハイや緑茶ハイの飲み方で、二日酔いにもなりにくく飲みやすいのが特長です。

 

■変わり種の飲み方

その他、オレンジジュースや野菜ジュース、コーヒー、牛乳、りんご酢などで割るという飲み方もあります。実は焼酎は様々な飲み物とあうので、簡単にカクテルが作れてしまいます。

氷と割りものを変えるだけで、その日の気分にあったお酒を気軽に楽しめることでしょう。

 

魚鮮水産で焼酎を楽しみませんか?

魚鮮水産は、新鮮な海の幸が自慢の居酒屋です。海鮮を中心とした美味しいお料理はもちろん、ドリンクメニューのラインナップも豊富です。サワーやハイボール、カクテル、ワイン、日本酒まで幅広く取りそろえております。

もちろん焼酎も完備しています。口当たりのよい甘みの中に微かに漂う苦味の余韻が絶妙な「黒霧島」、手間をかけて醸造されたことで舌触りにコクを残しながらも透明感のある味わいを実現した「金黒」、佐賀県伊万里市の「煌二条(きらめきにじょう)」を使用した「ごち麦」などをご用意しています。

さらに、魚鮮水産のオリジナル焼酎もございます。芋焼酎の「さかなや道場」は、鹿児島県で焼酎原料用として奨励品種に定められている「黄金千貫(こがねせんがん)」を使用しています。

そして、麦焼酎なのに柔らかい甘みを含んだ香りが心地よい「永遠の麦」、すっきりとした後味に定評のある甲類焼酎「満月の蔵」の3種類を用意しています。

また、中国茶、日本茶、ソーダ、レモンスライス、梅干しなどなど、様々な飲み方に対応できるオプションメニューも満載です。魚鮮水産は焼酎初心者も歓迎しております。美味しい海鮮料理と焼酎を楽しめる魚鮮水産へ、ぜひお越しください!

 

※一部対象外の店舗がございます。詳しくは店舗へお問い合わせくださいませ。

カテゴリー別に見る

最新記事

NEW コラム
【魚鮮水産】仕事終わりの一杯!一人飲みをたのしめる魚鮮水産
キャンペーン
【魚鮮水産】居酒屋で楽しめるサワーの種類って?