北海道魚鮮水産 千葉駅西口店

新着情報

2019 07.11
コラム

【魚鮮水産】居酒屋のおつまみには何がある?定番から魚鮮水産で食べられるメニューまでご紹介

仲間と居酒屋で宴会を行うのは楽しいものです。居酒屋はメニューが豊富で、お酒に合うおつまみがたくさんあるため選ぶ楽しみが生まれます。

また、お酒との相性や健康面を考えておつまみのラインナップを決めると、居酒屋の味わい方も深くなりますね。

居酒屋での宴会をさらに楽しくするために、定番のおつまみや、おつまみの選び方のポイントを紹介していきます。

 

おつまみはお店によっていろいろ!それでも定番はあり

居酒屋のおつまみラインナップは、店舗によってがらりと変わります。

お店のコンセプトや価格帯、旬などによって個性が出るといえるでしょう。たとえば、「海鮮居酒屋」と「焼き鳥居酒屋」では、メニューがまったく異なります。

一方、多くの居酒屋で食べられる「定番メニュー」というものも存在します。

定番とは、店舗の特色にかかわらず、どんな店でもまず置いてあるおつまみのこと。居酒屋を探すときは、こうした定番メニューの充実度もチェックしましょう。

定番メニューがそろっていれば、参加者から大きな不満が出にくく、みんなで楽しめます。

さらに、定番おつまみの大半はスピードメニューなので、入店してからあまり時間がかからず口にすることができます。

 

居酒屋で頼む王道のおつまみとは

王道のおつまみを押さえておくと、居酒屋に着いてもメニューに悩むことがありません。ここでいくつかご紹介します。

 

■枝豆

定番中の定番といえるメニューが枝豆です。なんといってもビールに合ううえ、味の濃いメニューが多いおつまみの中で箸休めにもなります。

また、注文してすぐに出してもらえるスピードメニューという点もありがたいですね。

枝豆が突き出しとして出てくる居酒屋も多く、どんなタイプのお店であっても「とりあえず枝豆」は王道です。

 

■ポテトサラダ

日本人の好きな味、ポテトサラダも王道おつまみです。ポテトサラダはお店によって作り方がまったく違うので、そのお店の個性を楽しむのもいいでしょう。

シンプルにポテトだけでできているサラダから、野菜やハムなどが豊富に入っているもの、玉子やキュウリの彩が美しいものまでさまざまです。

 

■鶏肉料理

脂身が少ない鶏肉は、お酒と一緒に食べてもお腹の負担は軽いので、居酒屋メニューで幅広く利用されています。唐揚げや焼き鳥などは、スタンダードなおつまみといえるでしょう。

そのほか、あっさりした鶏皮ポン酢などのメニューを好む人も少なくありません。サラダにささみを入れている居酒屋も多く、メニュー表のあちこちに登場する食材です。

 

■だし巻き玉子

玉子料理は嫌いな人が少ないので、居酒屋に着いたらついつい頼んでしまいます。

中でも「だし巻き玉子」は香りも風味も豊かで、満足させてくれる料理のひとつだといえます。このだし巻き卵も、居酒屋によって味はいろいろです。

出汁の味が利いているもの、野菜などが混ざっているもの、薄味の上品なものなど、居酒屋によって違う味や見た目も楽しみましょう。

 

■塩キャベツ・漬物

油ものやアルコールばかり並んでいるテーブルだと、どうしても胃もたれをおこしてしまいがちです。

胃腸の負担を軽くするには、あっさりメニューも忘れず注文しましょう。シンプルな味つけの塩キャベツは定番です。漬物は盛り合わせで頼むと、バリエーションを楽しめます。

 

おつまみを選ぶときに注意したいポイント

居酒屋でおつまみを頼むときは、全体のバランスを考えてメニューを選びましょう。ここからは気を付けたいポイントをご紹介します。

 

■胃の負担を考える

ある程度はお腹をふくらませないと、アルコールの吸収が早まりすぎて「悪酔い」してしまうことも珍しくありません。

さらに、胃をアルコールから守るためには早い段階でチーズなどの乳製品を頼んでみましょう。乳製品の粘膜は胃の内壁を包んでくれ、アルコールの吸収を遅くします。

 

■タンパク質を多めにとる

アルコールは肝臓で分解され、害の少ない成分になります。肝臓が正常に機能していないと、アルコールが分解されずに留まり続けてしまいます。

さらに、ハイペースでお酒を飲んでしまうと肝臓の働きが追いつきません。肝臓の働きを活性化させるには、タンパク質が効果的。鶏肉や魚、豆腐などのおつまみを選んで、肝臓をサポートしましょう。

 

■水分も多くとる

お酒を飲むとき、お茶や水をチェイサーにする人は多いでしょう。

アルコールは脱水症状を招くため、頻繁に水分補給してあげると二日酔いなどを防げます。

おつまみを頼むときも、水分が多いメニューを選ぶのがポイント。小さな鍋や汁物、雑炊などがおすすめです。

 

■ミネラルや食物繊維も忘れない

消化をよくして、胃腸のダメージを抑えることも大切です。

海藻類や生野菜、穀物やフルーツも食べましょう。居酒屋メニューでいえば、海藻サラダやフライドポテトなどがおすすめです。

 

魚鮮水産にも美味しいおつまみがたくさん!!

おつまみの味、種類に自信のある居酒屋が「魚鮮水産」です。

魚鮮水産は新鮮な材料から作る海鮮メニューが中心の居酒屋ですが、定番のおつまみももちろん豊富に取り揃えています。

秘伝レシピで作る若鶏の唐揚げやさっぱりした漬物、一味違うポテトサラダなどもあるので、海鮮に限らずいろいろなメニューを味わってみてください。

さらに、気軽に足を運べる価格なのも特長のひとつです。宴会メニューや飲み放題コースも充実しており、大勢での飲み会にぴったりです。

魚鮮水産は全国に展開しており、海の幸が好きな人もそうでない人も気軽にお酒を飲めるお店です。ぜひお近くの店舗へお越しになってみてください。

カテゴリー別に見る

最新記事

NEW コラム
【魚鮮水産】ビールは注ぎ方で味が変わる!泡立ちを良くするコツとマナー
コラム
【魚鮮水産】失敗しない居酒屋コーデ。季節に合わせたポイントとは?