三代目網元 魚鮮水産 立川北口店

新着情報

2019 08.13
コラム

【魚鮮水産】ビールは注ぎ方で味が変わる!泡立ちを良くするコツとマナー

ビールは注ぎ方によって泡の立ち方が変わります。普段あまり気にせずに飲んでいるビールの泡ですが、泡にはどのような役割があるのでしょうか。

また、すぐに試せる美味しいビールの注ぎ方や、いざという時に役立つ目上の人に注ぐときのマナーなどをご紹介します。

 

ビールの泡で美味しくなる理由とは?

ビールの特徴は泡立つことで、泡を楽しむビールサーバーが人気です。ビールの泡が果たす役割は何でしょうか。見た目や口当たりだけではない、ビールの泡と美味しさの関係についてご紹介します。

 

■ビールの泡の役割

ビールは空気に触れて酸化してしまうと、成分が変化して風味が落ちてしまいます。泡は膜を作ることで風味が変わることを防ぐと同時に、炭酸ガスを外に出さないようにする働きがあります。

きめ細かい泡で口当たりをやわらかくする効果があり、ビールの苦味を抑えるという働きもあります。クリーミーな泡はビールの美味しさを引き立てます。泡にはビールの品質を保つ機能的な役割と、美味しさを引き出す役割があるのです。

 

■泡が立つ理由

ビールの原材料は大麦と酵母、香り付けに使われるホップです。大麦の中の糖分を酵母がアルコールに変えることでビールができます。このときに炭酸ガスが発生しますが、その二酸化炭素が白い泡となっています。

サイダーなどの炭酸飲料も二酸化炭素の泡ができますが、すぐに消えてしまいます。これに対してビールの泡はなかなか消えにくいのですが、これは大麦のたんぱく質やホップにルブロンという、泡を消えにくくする働きのある樹脂成分が含まれているためです。

 

美味しいビールの注ぎ方

細かい泡でなめらかな口当たりとのど越しの爽快感の両方を楽しめるビールと泡の割合は、7:3とされ、黄金比率と言われます。

同じビールでも注ぎ方によって美味しさが変わってきます。好みの味わいに合わせて注ぎ方を変えてみるのもおすすめです。

 

■一度注ぎ

最初の一杯におすすめの注ぎ方で、「仕事終わりの一杯」とも呼ばれます。一度に勢いよくグラスにビールを注ぎ、炭酸を飛ばして粗い泡を立てます。炭酸でのどがチクチクする感じがなくなり、ゴクゴク飲めるようになります。

ビールののど越しを楽しむための注ぎ方と言えますが、炭酸が弱くなるのでビール本来の旨みを味わうこともできます。

 

■二度注ぎ

ビールを泡立てながら2回に分けて注ぎます。まず、一度注ぎのように勢いよくグラスにビールを注ぎ、泡が落ち着いたらビールを注ぎ足します。一度注ぎののど越しの爽快感を活かしながら、より多くビールの旨みを味わえる注ぎ方です。

 

■三度注ぎ

3回に分けて注ぐ方法もあります。グラスの半分まで勢いよく半分まで注ぎ、上面の粗い泡が消えたタイミングでグラスの9割までゆっくりビールを注ぎます。

粗い泡が消えたら、3度目のビールを注ぎ、クリーミーな泡がビールの上に盛り上がるように仕上げて完成です。ビールと泡の割合を黄金比率の7:3にすることでさらに美味しさが引き立ちます。

 

ビールを注ぐときのマナーがある

社会人になると会社の飲み会や接待などでビールを注いだり、注がれたりすることがあります。上司や目上の人に失礼にならないようにビールを注ぐときのマナーを身に付けましょう。

 

■瓶や缶の持ち方

ビールを注ぐときは瓶でも缶でもラベルを相手に見えるようにすることが基本です。

そうすることでビールの銘柄を相手に伝えることができます。立食の席なら瓶ビールは片手で瓶の下側を持ち、もう片方の手で底を持つと安定します。

指を揃えるようにすると傍目からきれいに見えます。座った状態で底が持ちにくい場合は、ラベルを隠さないように下側の部分を両手で持つようにします。缶ビールも基本は同じです。

 

■ビールの注ぎ方

ビールを注ぐときに瓶や缶をグラスに付けるのはマナー違反です。缶や瓶の独特の味が移ってしまい、ビールの美味しさを損なうためです。

瓶ビールを注ぐときは高い位置から勢いよく注いだ後、瓶の角度を徐々に下げ、ゆっくり注ぐようにします。黄金比率を活かして泡は3割程度にできるとベストです。

泡の割合を調整するために、最初はゆっくり注ぎ、後から勢いをつけて最後はゆっくり注いでも構いません。缶ビールはゆっくり注ぐとこぼれることがあるので、一気に注ぎます。

また、缶ビールは缶の形状を保つために瓶ビールより炭酸が強めとなっているので、最初に勢いよく注ぐことにより余分な炭酸を飛ばすこともできます。後から勢いを調節して泡を作るようにすると良いでしょう。

 

■タイミングに注意

グラスのビールが減っているからと勝手に注ぐのはNGです。いつもグラスを満杯にする必要はありません。残っているビールに注ぎ足すと美味しくないという話もあります。

また、他の飲み物を注文する人や、お酒に弱いという人もいるので注意が必要です。グラスのビールの残量が気になったら、「もう一杯いかがですか?」と声をかけてみてください。特に取引先や上司との酒席の場合、グラスが空いていないか気をつけます。

半分以下になったら、「注ぎましょうか?」と声をかけると良いでしょう。取引先や上司が手酌をすることにならないように気配りが大切です。相手がビールの残っているグラスを差し出してきたら、そのままビールを注いで構いません。

 

魚鮮水産で黄金比ビールを!

ビールを楽しむなら居酒屋の飲み放題がおすすめです。中でも海鮮居酒屋「魚鮮水産」では、お手頃価格でビールと料理が味わえます。ゆったりした個室席があるので、宴会や飲み会にぴったりです。

黄金比率のビールの注ぎ方を披露すれば、飲み会も盛り上がるのではないでしょうか。ビールの注ぎ方をマスターして、美味しいビールを堪能しましょう。

カテゴリー別に見る

最新記事

NEW コラム
【魚鮮水産】梅酒は美味しいだけじゃない!その効能とは?
キャンペーン
【魚鮮水産】同窓会は居酒屋がいい?居酒屋同窓会のメリットとは