新着情報

2019 11.29
コラム

【魚鮮水産】飲み放題の時間はどれぐらいが満足?

宴会の飲み放題時間は重要

宴会を開く際に、飲み放題コースを選ぶ方は多いのではないでしょうか?飲み放題コースは参加者の料金が一定で、時間も予め決まっているため、参加者からの集金や終了時間の共有が楽というメリットがあります。

しかし、飲み放題コースはお店によって料金や設定時間がまちまちです。時間と料金の兼ね合いで迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、飲み放題時間はどのくらいが満足なのか、シーンや時間帯、予算などを考慮した選び方をご紹介します。

 

飲み放題の時間は「2時間」が一般的

最近は多くの居酒屋で飲み放題コースがあります。グルメサイトなどで様々な居酒屋の飲み放題コースを見ると、2時間で設定しているお店が多く見受けられます。実際に、2時間の宴会は満足の行く時間設定なのでしょうか?

ネットなどの意見を見ると、「会社の飲み会で2時間は長い」「2時間ではあっという間だから3時間がちょうどいい」「90分ぐらいでサクッと飲みたい」などの意見がありました。

これらの意見から、2時間飲み放題に対するニーズはそれほど高くないということが分かります。飲み放題の時間は宴会のシーンや参加者の都合によって適切な時間を選びましょう。

 

飲み放題時間の選び方

飲み放題の時間は、何を基準に選べばよいのでしょうか。次に、宴会のシーン・参加者の都合・予算・時間帯の4つのポイントからおすすめの選び方をご紹介します。

 

■宴会のシーンに合わせる

宴会のシーンには仲の良い友達同士の集まりなど、普段から会話をしているメンバーなら、2時間かそれ以上の時間設定があると満足できます。ひとつのお店でゆっくり過ごし、話に花を咲かせ盛り上がることでしょう。

しかし、会社の仲間や初めて会う人がいる集まりの場合は、長時間の飲み会はおすすめしません。近年では、会社の飲み会に参加したくないと思う人も多いですし、会話が尽きてしまう可能性もあります。

参加者が満足できる飲み会だったと感じるためにも、1時間~1時間半程度で飲み会を終えられる時間設定がおすすめです。

 

■参加者の都合に合わせる

参加者の中にも家庭の事情で遅くまでいられない人や、次の日が早い人、仕事が忙しい人などがいる場合も少なくありません。

そのような時に長時間の飲み放題を設定してしまうと、飲み会に参加してくれなかったり、途中で帰ることになってしまう可能性もあります。そのような場合は一次会を短めの時間設定にし、時間に余裕がある人で二次会に行く方法がおすすめです。

 

■予算に合わせる

長時間の飲み放題コースは、その分値段も高くなります。ゆったり楽しみたくても予算の都合上厳しいこともあります。

また、飲み放題メニューの種類によってグレードと値段が上がることもあります。メンバーによって「少し高くても飲みたいお酒があるコースがいい」「種類が少なくても長時間飲みたい」「安ければいい」など、それぞれの要望があります。

飲み放題時間は長ければいいという訳でなく、飲み放題時間・飲み物のメニュー・料金など参加者の金銭的都合などを考慮した上で選びましょう。

 

■宴会の時間帯を考える

宴会の開始時間や二次会の有無も、飲み放題の時間選びに重要なポイントです。
集合時間の都合によって宴会開始時間が早くなる場合もあります。夜の早い時間に終わってしまうと、物足りなく感じる人もいるでしょう。そのような場合は、長めの飲み放題時間を設定すれば、ちょうどいい満足度で宴会をお開きにできます。

逆に宴会の開始時間が遅い場合や、終電が早い参加者がいる、二次会の開催が決まっているなどの場合は1時間~1時間半程度の飲み放題時間を選びましょう。

 

「魚鮮水産」では2時間と3時間の飲み放題コースを選べる

2時間の飲み放題コースを設定している居酒屋が多いですが、「魚鮮水産」では飲み放題時間とタイプを選べます!
1,200円(税込)で2時間飲み放題・1,700円(税込)で3時間飲み放題orグランドメニュー全種類飲み放題を選べるので、参加者のニーズに合わせた飲み放題コースをお楽しみいただけます。

「魚鮮水産」では飲み放題の時間とメニューの種類を選べ、4種類の宴会コース料理もご用意しております。宴会を開催される際は、ぜひ「魚鮮水産」をご検討ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

カテゴリー別に見る

最新記事

キャンペーン
迫力満点!まぐろの解体ショー開催予定!
キャンペーン
【12/7,25開催】迫力満点!まぐろの解体ショー開催予定!<三代目網元 魚鮮水産 アイスタ新山口店>